PSO2

XHにおける、ペットシンパシーについて考えてみた

ペットの火力・回復力アップの基本となるスキル。

SHまでならば有用なスキルであることは間違いなく、使い勝手も悪くありません。

なのですが、XH帯においてアルターエゴと共に使い方を考えなければならない場面が増えてきます。
今回はそんな考察です。

まずはシンパシー周りのスキルの仕様をwikiより転載。

内容を再確認してみましょう。

ペットシンパシー

ペットが求めるシフタやレスタに応じると、ペットの与えるダメージや回復量が一定時間上昇する。
このスキルはメインクラスのみ適用される。

Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
効果時間 30秒 33秒 36秒 39秒 42秒 45秒 48秒 51秒 54秒 60秒
ペット威力 110%
HP回復率 200%
  • 戦闘中まれにペットがシフタまたはレスタを求め、要求に応じると効果が発生する。
  • 各種プレイヤーのもとに戻ってくるPAの使用、肩越し視点で足元を攻撃する、武器の切り替え時、にペットは戻ってくる。
  • 複数の敵に囲まれる、強敵との戦闘時にシフタ、HPが半分以下になるとレスタを求めることが多い。(2016/10/05に修正。サモナーのクラススキル「ペットシンパシー」において、ペットシンパシー効果中にペットが気絶してもペットシンパシーの効果が消えないように変更します。)

ハーモナイズアップ

ペットシンパシーの合図が出る確率が上昇する。
このスキルはメインクラスのみ適用される。

Lv 1 2 3 4 5
発動率 200% 220% 240% 260% 300%

イージーシンパシー

ペットシンパシーの受付時間を延長する
このスキルはメインクラスのみ適用される。

Lv 1
受付時間 10秒
  • 受付時間に+10秒され、計20秒になる。

シンパシータイム

ペットシンパシーの効果時間が延長される。
このスキルはメインクラスのみ適用される。

Lv 1 2 3 4 5
効果時間 120% 140% 160% 180% 200%
  • Lv1で1.2倍、Lv5で2倍の効果時間となる。
    • ペットシンパシーLv10+シンパシータイムLv5=2分。
  • 前提条件であるペットシンパシーより先にこちらに振った方が効果時間は長くなる。

 

この4つがシンパシー関連のスキルです。発生率・受付時間・効果延長。あれば便利なのは言うまでもありません。スキルを振っている以上、シンパシーを使って戦闘していきたくなるものです。

 

削ればいい、といった机上の空論ではなく、実際に戦いながら「どれだけの範囲を取得すれば、自分が余裕をもって戦えるのか」をよく考えてスキルポイントを追加して下さい。

 

 

2016年10月5日に下記の不安を消してくれる

アシストシェア

ロングディスタンスラブ

という二つのスキルが実装となりました。

 

wikiには記載されていませんが、

注意するべきは、チャージした効果範囲でなければ適用されないペットがいること。

(現在はワンダのみ。トリム、サリィはノンチャージでも適用されます。)

チャージタイムが文字通りの命取りとなることがあるからです。

 

ではXH帯以降での戦闘中、このスキル群をどう取得して役に立てていくのか。

そもそも、どういった場合に使う事が求められるのか。

 

まずは使っていくべき場面から考えます。

 

・敵殲滅終了時と重なった場合。

呼び戻さなくても手元にいることかと思います。攻撃力強化のチャンスです。

 

・突進、飛び道具、範囲攻撃を持っている敵のヘイトを取っていない場合。

これも呼び戻して問題がない場面といえます。これもチャンスです。

 

・PT戦での戦闘開始直後。

これはよく観察してから使わなければいけない場面です。自分がヘイトを取ってしまっていなければ呼び戻す事ができます。殲滅後からでも間に合う場面もあるはずです。

 

安全に使う事が出来る場面は、驚くほど少なくなっています。

イージーシンパシーだけは取得して、時間と心に余裕をもって望むのも大事な選択肢です。

 

次は使っていくべきではない場面。

 

・突進、飛び道具、範囲攻撃を持っている敵のヘイトを取っている場合。

正直、これはシンパシーどころではありません。ディカーダやプレディカーダなど、瞬時に距離をつめることが出来る敵の場合はさらに要注意。呼び戻したペットごと攻撃されてしまいます。アルターエゴ使用中なら即刻床ぺろです。

 

・PT戦において、交戦中に他メンバーが加勢に来てくれている時。

これもいけません。呼び戻す事で、敵も後からついてきます。せっかく他のメンバーが加勢に来てくれているのに、安全な場所に避難させてしまいます。助けに来てくれているなら、自分の火力を上げるのでは無くメギバースを使う等。みんなの役に立つ行動をとりましょう。

 

・アルターエゴ使用中

「え?」と思われる方も多いとおもいますが、これも危険です。

せっかくアルターエゴをつかっているのですから、呼び戻さず効果時間を攻めきるべきだと思います。この場面でレスタ要求を出しているようなら要注意。すぐに自分のHPを確認してください。かなり減っていませんか?

これもシンパシーどころではありません。乱戦中ですと、呼び戻した瞬間に流れ攻撃を貰い、レスタチャージ中にあえなく床ペロとなります。

すぐにガンスラッシュなどでペットを格納すればアルターエゴが適用されなくなり。タゲも自分に向いていません。いまのうちに回復を優先しましょう。

床になってしまえば、即座にドールを使わない限り、他のプレイヤーからムーンのが必要になります。そうなればアルター&シンパシーでの火力上げをしても、取り返すことが出来ない損害を周囲にあたえることになるのです。

 

 

たしかに、現在のサモナーは低火力であると言えます。

だからといって無理にペットシンパシーを狙えば、その挙動から結局はマイナスに働く場面も出てきます。

使わなければ好感度が下がってペットが逃げるわけでもあるまいし、焦りは禁物です。

 

 

Q この場面でペットシンパシーを使った場合、考えられるその後のオチを述べなさい。

状況はLV65のログベルト。ペットはワンダ。シンパシー要求はシフタ。何があってもシンパシーを強行するものとする。

pso20160216_231803_000

 

 

 

 

 

A シフタがかかると同時くらいに、飛んできたログベルトに綺麗に潰された。 計画通り。

 

 

 

  



皆様のご投票をよろしくお願い致します!






にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターへ


 

Related post

  1. Su情報

    Suをサブクラス運用(Br)

    Suをサブクラスに設定して、ペットで遊ぶ。この体感記事シリーズ…

  2. PSO2

    サモナーにおいて与えるダメージが1になってしまう場合がある

    以下、公式より転写。サモナーにおいてプレイヤーが与えるダメージ…

  3. Su情報

    マロメロ修正に伴って変わった事

    先日の修正でマロン、メロンブレイクでの軸ズレが修正となり、連続使用でも…

  4. Su情報

    Suをサブクラス運用(Gu)

    Suをサブクラスに設定して、ペットで遊ぶ。第四回目はガンナー(…

  5. PSO2

    トリムスタッブ使ってみた

    瞬時に敵に近づき、体当たりで攻撃。攻撃と同時に敵の反対側へ回る。…

  6. Su情報

    パンケーキがもっと簡単に作れれば

    キャンディーボックスにおいて、一番重要であると言っても過言ではないケー…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



皆様のご投票をお待ちしているメロ

ふにぇ!(広がれ新クラスの輪!)




記事の月別まとめ

August 2018
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アクセスカウンター

  • 2052317総閲覧数:
  • 997963総訪問者数:
  • 57今日の訪問者数:
  • 1606昨日の訪問者数:
  • 21224月別閲覧数:
  • 13331月別訪問者数:




PHANTASY STAR ONLINE 2 公式

PSO2_200x200_応援バナー02

著作権

このサイトで使用しているPHANTASY STAR ONLINE2の画像及びスクリーンショット、データ、音声、テキスト等の 一切の権利は株式会社セガゲームスに帰属します。著作権を侵害する行為、転載や再配布、再利用を禁止します。
  1. Su日記

    サモナーにとっての☆14武器って
  2. その他情報

    ☆13シンクロウエッグ
  3. その他情報

    混沌産み出す闇の化身の再配信に
  4. Su情報

    ペットの性格を考える(ラッピー)
  5. Hrクラススキル

    武器アクションについて考えてみた「リロード」
PAGE TOP